こんにちは。

美姿勢インストラクター新田仁美です。

 

 

 

 

写真にうつる時

「アゴを引いて〜」と言われて

 

 

こんな風に引くと

アゴ下にシワが集まりますよねあせるあせるあせる

 

しかも、めっちゃ上目づかいになります。

 

 

1428994095627.jpg

背中を反らしただけで

根本解消になっていないからです。

 

 

 

そんな方は…

 

アゴを後ろへ押し込みながら

後頭部を上へ引っ張って

 

その首の感覚のまま

 

 

アイーンをして、アゴ下の角度を

床に対して90度くらいにするといいですよ〜

 

 

…という記事を、昔、投稿しておりました。

まだ、”コトコト運動”を考えていなかった時期(確か2013年だったかと…)に書いたものを、2016年に再投稿した記事です。写真がかなり古い。笑

 

 

写真にうつる機会がある方は、参考にしてみてくださいね^^

 

 

 

 

〜以下はちょっとしたお話です。興味ない方はスルーで〜

 

 

 

そうそう。

 

私のマスター講座でも

 

アイーンを使わせていただいております。

 

 

 

この共通言語、かなり便利なのですよ。

 

 

 

「アゴ下に手を当てます。アイーンみたいに」と伝えるだけで、手の甲をアゴ下に当ててくれるのです。

 

注)下顎をズラすのは、ここでは要りません。

 

 

 

たまに、アイーンを知らない方もいらっしゃるので

 

「アイーンって分かります?」と確認するのですが

 

(分からない方は「志村けん アイーン」で画像検索してみてくださいね)

 

 

 

ご存知でない方には

 

「手の甲をアゴの下に置いて、手首はまっすぐにして、肘を横へ張り出して…」と説明します。

 

言葉にすると10秒くらいかかるのが

 

「アイーンみたいに」という2秒に短縮されても伝わる方が多いのです。

 

 

 

共通言語って偉大ですよね〜

 

 

 

ですが、共通言語

 

 

クローズドな私の講座内では

会話として使ったとしても

 

書籍では”アイーン”は使えないので(大人の事情)

 

 

 

 

顎下にアッパーしております。

(今回、担当編集さんと新たなエクササイズを作りました。進化していますよ〜)

 

 

 

上記の古〜い未熟な過去記事と同じような原理ですが

 

アッパーの方が

カフェや電車の中でもさりげなく使いやすいと思います

 

(電車の中で横に座ってる人がいきなりアイーンしたらびっくりしますもんね。肘打ちしてしまって危険ガーン

 

 

 

書籍には、新たなエクササイズとして

コツや、よく起こるNG例も載せています。

 

 

「顎を引いても上目遣いにならなくなった!」

という、いただいた実際の体験談も載せていますよドキドキ

 

 

 

まとまっていて分かりやすく

深く理解していただけると思いますので(編集さんの力、ほんとスゴイので)

 

ぜひ、ご活用くださいね^^

 

 

4/25にKADOKAWAさんより書籍発売!

 

<Amazon>

 

<楽天ブックス>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫背が治り 小顔になる コトコト運動 [ 新田 仁美 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/4/8時点)

 

 

 

Source: 腹筋運動なんてしなくてよろし♡意識だけ美姿勢ダイエット♡勝手に痩せる体になる秘密

Source: ダイエットアンテナまとめ