こんにちは。
美姿勢インストラクター新田仁美です。
 
 
私がお伝えしている
座って行う上半身のストレッチたち
 
 
image
 
ほとんど、あぐら座りでしております。
 
あぐらが苦手な方には、ツライですよねあせるあせる
 
 
image
 
 
別の方からも…
 
 
 
 
 
あぐらバージョンばっかりで、ごめんなさいあせる
 
 
あぐらがキツかったら、正座椅子に座るなど、ご自分のラクな座り方に変えて実践して頂いて問題ありませんよ〜
 
 
あとは、お尻の下にクッションを敷くなどして、お尻を高くするのもオススメです。
 
 
(妊娠中は私もあぐらがしんどかったので、畳んだバスタオルを敷いていましたよ)
 
 
 
あぐらがしんどい場合は
 
・柔軟性不足
・姿勢保持力不足
・股関節の構造上、無理
 
といったことが考えられます。
 
 
 
 
幼少期から
 
どうしてもどうしてもどうしてもペタンコ座りしかできなかったり
 
脚を伸ばして座ると(長座になると)勝手に足が内側に向くような体質の方は
 
 
あぐらは体の構造上、かなりしんどいことだと思いますあせる
 
 
 
これは決して悪いことではなく
 
鼻の高さや顔の輪郭が人それぞれ違うように
股関節の構造も人それぞれなだけです。
 
(ただ、こういう方は重心が下がって怪我をしやすかったりするので、ちょっとケアが必要ではあります。こういう方ほど、しっかり足指を動かせた方が良いですよ!)
 
 
安心してくださいね。
実は私も、左はこんな感じの股間節ですから。
 
 
 
 
 
じゃあ、柔軟性不足の場合は?
 
よし!開脚だ〜!
 
 
…ではなくて
 
 
その前に
 
どんな座り方だとしても
 
背中が丸くなるのが当たり前になると
 
image
 
股関節と脚が一体化してしまい、股関節から体を立てる使い方を忘れがちになります。
 
だから、股関節の柔軟性が弱くなり、太ももの裏がかたくなり、お尻が使えなくなってくるのです。
 
 
image
 
 
まずは、普段よく座る椅子などで(あぐらではなく、ご自分が一番ラクだと思う環境で)
 
お尻だけでなく太ももの裏までしっかり接地させるクセをつけて
 
(これはダメ↑)
 
(こんな風に↑)
 
股関節から体を折っている意識を持ってみてくださいねキラキラ
 
 
こういう積み重ねをしていくと
股関節の柔軟性も伴いやすくなりますよウインク
 
 
 
 
ただし、太ももの裏側まで深く座るとき
 
股関節で体を折れたと思っても
代わりに、肋骨がパカーと開いてしまって腰が反ってしまうことも多いです!
 
DSC_0549_20130809140935472.jpg
(こんな風に↑)
 
 
反り腰になってしまう場合は、引っ張りあいこのイメージをしてみてくださいね!
 
 
 
ほら、この方も^^引っ張りあいこでしっくりきたんですって!
 
参考にしてみてください^^
 
 
※ご感想のなかにあった骨盤底筋マスターとはこちらです。

 

 

 

 

◆何から始めよう?と思ったら美姿勢 超入門テキスト&動画(→こちら

 

◆動画セット by REQU(→こちら

 

◆美姿勢・美脚マスター講座 ※満席&リニューアル中

 

●無料メルマガ

毎日のメールで、最短2ヶ月で脚の形が変化し美マインドが構築された!と言われます。(一番好評かもしれません)

無料会員サイトにご招待して、エクササイズ動画の配信をしています。4000名様以上にご登録いただいております

http://123pla.com/p-style/formadd/?group_id=1

 

●LINE@

現在4000名様以上にご登録いただいております。先行案内、ブログ更新通知はこちらから。

友だち追加

※うまく登録できない場合は、@hty2886a で検索してください

(自由にメッセージを送っていただいてOK!私にしか見えません。ただしお返事は期待しないでくださいあせる

 

 

 

 

 

Source: 腹筋運動なんてしなくてよろし♡意識だけ美姿勢ダイエット♡勝手に痩せる体になる秘密

Source: ダイエットアンテナまとめ