納豆の栄養をパワーアップさせたい。プラスするとよい食材は? – MYLOHAS
日本が世界に誇るスーパーフード、納豆。納豆に含まれる納豆菌は、善玉菌のひとつに数えられます。 善玉菌は弱酸性の環境で数を増やしていきますが、納豆菌は熱や胃酸 …
(出典:MYLOHAS)
納豆」という記述があり、平安時代には納豆という言葉が既に存在していたことが確認できる。この記述の読み下しには諸説あるが(「舂塩辛」「納豆」、「舂塩」「辛納豆」、「大根舂」「塩辛納豆」など)、「辛納豆=唐納豆」など、これは本来の意味の納豆、つまり現在の「塩辛納豆
55キロバイト (7,923 語) – 2019年1月3日 (木) 10:13

(出典 lealta.jp)
納豆は、腸内環境を整えるとか、健康にいいとかいいますが、足りない栄養素もあるんです。

それが、動物性たんぱく質を合わせることで摂れるんです。

そこで、納豆+動物性たんぱく質について、まとめてみましたので、ご覧下さい。
~管理人からの一言~

1 アッキーの猫 ★ :2019/02/06(水) 22:41:16.17 ID:J1JF2XDq9.net

提供:goo*ケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

日本人が大好きな発酵食品のひとつ、納豆。もともと健康食の代表としても扱われる納豆ですが、その健康効果と味をより最大限に引き出す方法が! まとめてご紹介します。

よく混ぜる&ちょい足しで栄養価と味がアップ!
昔から日本の食卓に欠かせない納豆。健康食として優秀で価格も安く、手軽にどこでも購入することができます。そんな納豆の健康効果を存分に堪能するために、ちょっとしたコツがあるのをご存知ですか? 注意したい納豆の調理法や、ちょい足しすることで栄養価をアップさせることが可能なんです。そんな納豆パワーを引き出す食べ方をまとめました。

納豆パワーを最大限に引き出す食べ方5選
1)ナットウキナーゼの効果を得るなら50度以下
2)おいしさを存分に味わうならタレを入れる前に混ぜる
3)代謝アップは朝納豆・美肌サポートは夜納豆
4)栄養価が高いのはひきわり納豆
5)プラスαの食材で相乗効果を

※1〜5の詳細な説明はソースページで見てね
そのまま記事全文まるごと転載だと怒られるから
ソース
https://health.goo.ne.jp/news/23854

続きを読む

Source: 肥満と健康それから美容の情報室

Source: ダイエットアンテナまとめ