no title
1: 名無しダイエット 2019/02/09(土) 23:16:45.10 ID:t0lQv6In9
糖尿病の治療に用いられるインスリンはその性質上、普通の錠剤のように口から飲んでも十分な効果が得られないため、注射器で直接体内に投与する必要がありました。
そんなインスリンを「飲むだけで投与できる」という新型カプセル「S.O.M.A.」が、マサチューセッツ工科大学(MIT)やハーバード大学の研究者らによって開発されました。

An ingestible self-orienting system for oral delivery of macromolecules | Science
http://science.sciencemag.org/content/363/6427/611

New pill can deliver insulin | MIT News
http://news.mit.edu/2019/pill-deliver-insulin-orally-0207

インスリンはすい臓から分泌されるホルモンで、血中のグルコース濃度を下げる働きがあります。
このインスリンの分泌機能が低下したり、インスリンの効きが悪くなると、高血糖によってさまざまな合併症を引き起こす糖尿病になってしまいます。
そのため、糖尿病の症状や進行具合によっては、定期的にインスリンを体外から投与する必要があります。

インスリンはたんぱく質の一種であり、仮に経口投与を行っても消化器で速やかに分解されてしまって効果を得ることができないため、皮下注射で投与されるのが一般的となっています。
しかし、インスリンや注射器は適切な管理が必要な上に、人前で注射をせざるを得ない状況をいやがる患者もいるため、より患者に負担の少ないインスリン投与法の開発が続けられています。
a02

そこで、MITとハーバード大学医学部、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院と製薬会社であるノボ・ノルディスクの共同研究チームがインスリンの経口投与を可能にするカプセルを開発しました。
実際のカプセルはこんな感じ。
a01

飲むだけでインスリンを投与できる画期的なカプセルとはどんなものなのか。
以下のムービーを見るとよくわかります。
A self-orienting millimeter-scale applicator (SOMA) for oral delivery of insulin and other biologics – YouTube

開発されたのは「Self-Orienting Millimeter-Scale Actuator(自己志向ミリメートル単位作動装置、S.O.M.A.)」と呼ばれるカプセルです。

※ソースに続きます
https://gigazine.net/news/20190208-pill-deliver-insulin-orally/


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる

Source: ダイエットアンテナまとめ